|商品検索

|商品カテゴリー
KATO
TOMIX
MICRO ACE
MODEMO
その他Nゲージ
その他HOゲージ
Zゲージ
鉄道模型 その他
木製建築物・帆船キット

|カート
カートの中を見る

|フリーページ
店舗案内
サイトマップ

|おすすめ商品
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【TOMIX】 2655 限定品 北三陸鉄道36形(お座敷車両II)




  • RSS
    ATOM
    TOP > MICRO ACE > 車両セット > 【MICRO ACE】 A8391 京阪電車2200系・後期型・更新車 旧塗装 7両セット

    |【MICRO ACE】 A8391 京阪電車2200系・後期型・更新車 旧塗装 7両セット



    高度経済成長に伴う輸送力増強のため「スーパーカー」と呼ばれる高性能電車2000系が1959(昭和34)年に京阪電鉄に登場しました。
    その後、改良型として経済性を向上させた2200系が1964(昭和39)年に登場しました。
    高出力のモーターを採用して付随車を組み込み、主に優等列車で運用されました。1983(昭和58)年に京阪電鉄では直流600Vから1500Vへ架線電圧の昇圧工事が行われました。2200系は昇圧に伴って電装品の 改造が行われ、同時に冷房化されました。
    また、編成の組み換えによって先頭車の中間車化が行われるなど変化に富んだ形式になっています。翌年の1984(昭和59)年からは改修工事が開始され、前面扉の交換、前面表示器の設置などの改良が行われました。
    これら改修工事施工車のうち、初期の3編成のみ原型の丸型テールライトを残した前面形状でしたが、残りは全て2600系新造車に準じた2連の標識灯が設置されました。
    また、後期に更新されたグループは主制御器の交換が行われて界磁添加励磁制御、回生制動車として面目を一新しています。現在も2200系は京阪電鉄の主力車両の一角として活躍を続けており、2008(平成20)年より新塗装化が開始されています。







    型番 【MICRO ACE】 A8391
    定価 39,096円(本体36,200円、税2,896円)
    販売価格 39,096円(本体36,200円、税2,896円)
    購入数




    この商品について問い合わせる
    この商品を友達に教える
    買い物を続ける