|商品検索

|商品カテゴリー
KATO
TOMIX
MICRO ACE
MODEMO
その他Nゲージ
その他HOゲージ
Zゲージ
鉄道模型 その他
木製建築物・帆船キット

|カート
カートの中を見る

|フリーページ
店舗案内
サイトマップ

|おすすめ商品
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【TOMIX】 2655 限定品 北三陸鉄道36形(お座敷車両II)
  • 【KATO】 2016-7 D51 498




  • RSS
    ATOM
    TOP > KATO > 電気機関車、電車 > 【KATO】 3085-3 EF63 3次形 JR仕様

    |【KATO】 3085-3 EF63 3次形 JR仕様



    日本の鉄道史上欠くことのできない信越本線 横川-軽井沢間の通称「碓氷峠」は、平成9年9月30日廃止されました。鉄道ファンのなかでは、今でも伝説の峠として語り継がれています。
    KATOは、この「碓氷峠」をNゲージ「碓氷峠シリーズ」としてEF63を中心に今なお再現し続けています。
    碓氷峠シリーズの更なる充実。 EF63 2次形 3次形 JR仕様のリリースです。
    実車は急勾配専用機として最大66.7‰の勾配区間で高粘着性能とブレーキ性能を備え、外観も2エンド側に他車連結用の各種ジャンパ栓群や双頭連結器を装備、直線基調の前面窓や停電対応の大型バッテリー用点検蓋、電磁吸着ブレーキなど他の機関車にはない独特の外観が特徴。EF62との総括制御対応の他、昭和43年(1968)以降は169・189・485系との協調運転にも対応できました。

    3次形量産機は昭和49年(1974)から51年(1976)までに増備されたグループで外観的にはナンバープレートのブロック化、外バメ式テールライト、整理されたジャンパ栓取付枠、ジャンパ栓がKE63からKE77に変更されているのが特徴です。


    【特徴】
    ● EF63 3次形 JR仕様
    ・プロトタイプは平成9年(1997)の23号機とし、3次形の特徴である、ブロック式ナンバープレート、外バメ式テールライトなど余すことなく再現。前面手スリ・解放テコ・信号炎管・ホイッスル・アンテナ類は社内取付済。C‘無線アンテナはユーザー付、双頭式カプラーの密連部は#2形状(フックなし)屋根上アンテナ跡なし、ヘッドマークステー装備、Hゴム/ライトグレー、解放テコ/黒、ホイッスル/金で構成。1次形、2次形とは異なる軽井沢方ジャンパ栓の形状も再現。
    ・選択式ナンバープレートを採用、ナンバープレートは「22」「23」「24」「25」。製造銘板は「川崎重工+富士電機」を印刷済。







    型番 【KATO】 3085-3
    定価 8,100円(本体7,500円、税600円)
    販売価格 8,100円(本体7,500円、税600円)
    購入数




    この商品について問い合わせる
    この商品を友達に教える
    買い物を続ける