|商品検索

|商品カテゴリー
KATO
TOMIX
MICRO ACE
MODEMO
グリーンマックス
その他HOゲージ
Zゲージ
鉄道模型 その他
鉄道模型発売前予約品
木製建築物・帆船キット

|カート
カートの中を見る

|フリーページ
店舗案内
店舗移転のお知らせ
年末年始の営業のお知らせ
Nゲージ レンタルレイアウト

|おすすめ商品
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【TOMIX】 2655 限定品 北三陸鉄道36形(お座敷車両II)
  • 【KATO】 3087-2 ED71 2次形
  • 【MICRO ACE】 A8147 719系-700・フルーティア 2両セット
  • 【KATO】 10-1553 701系1000番台 仙台色 4両セット 
  • 【KATO】 10-1554 701系1000番台 仙台色 2両セット 
  • 【KATO】 10-294 205系3100番台仙石線色シングルアームパンタグラフ4両セット
  • 【KATO】 10-013 Nゲージ スターターセット 〈杜の都の近郊電車〉701系
  • 【KATO】 3037-3 EH500 3次形 新塗装


  • |売れ筋商品
  • 【KATO】 10-1274 E257系「あずさ・かいじ」 7両基本セット
  • 【KATO】 7008-6 DD51 800番台
  • 【KATO】 8054 コキフ50000 C20形コンテナ積載
  • 【TOMIX】 97912 限定品 JR 87系寝台ディーゼルカー「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」セット 10両
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【KATO】 7008-8 DD51 500 中期 耐寒形(3灯形)
  • 【KATO】 6072-2 キハ30 首都圏色(M)
  • 【KATO】 8069-1 タム500 日本石油輸送 2両入り
  • 【KATO】 8017-1 トキ25000(積荷付)
  • 【TOMIX】 9517 国鉄客車 スハフ44形
  • 【KATO】 10-1567 E6系新幹線「こまち」 増結セット(4両)
  • 【TOMIX】 8735 JR貨車 コキ106形(後期型・新塗装・コンテナなし)
  • 【KATO】 10-1484 24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 7両基本セット
  • 【KATO】 3055-1  EF58 小窓 茶
  • 【KATO】 7012-1 DD13 初期形
  • 【TOMIX】 8442 国鉄ディーゼルカー キハ26形(準急色・一段窓)(T) HG
  • 【TOMIX】 8458 国鉄ディーゼルカー キハ52-100形(前期型)(M) HG
  • 【KATO】 8043 西武鉄道 ワフ101(2両入)
  • 【KATO】 6074-2 キハ35 首都圏色(M)
  • 【KATO】 6081 キハ181
  • 【KATO】 7007-4 DF200 50番台
  • 【KATO】 2020-1 C56 小海線
  • 【TOMIX】 8716 国鉄貨車 エ1形
  • 【TOMIX】 8728 私有貨車 タキ1000形(日本石油輸送・ENEOS・テールライト付)
  • 【TOMIX】 8720 ミム100形タイプ
  • 【KATO】 8050-2 タキ35000 日本オイルターミナル色
  • 【KATO】 5143 オハフ50


  • RSS
    ATOM
    TOP > KATO > 客車 > 【KATO】 5143 オハフ50

    |【KATO】 5143 オハフ50



    昭和50年代、各地では機関車牽引の客車列車が姿を減らしていましたが、地方都市圏では朝夕の通勤通学用に輸送力の発揮できる客車列車は重宝されて残っていました。しかしその使用される車両は、旧形客車と呼ばれる経年30年以上の車両が主で、輸送改善や安全性向上のために、新たに普通列車用としての新形客車が18年ぶりに新製されることとなり、昭和52年(1977)に誕生したのが50系一般形客車です。昭和54年(1979)度の、鉄道友の会・ローレル賞を受賞しました。
    従来の狭い手動客扉は幅広の自動扉となり、出入口周辺もロングシートとなって、乗降の便と安全性が大きく向上しました。 赤2号に塗られた車体から「レッドトレイン」の愛称で親しまれ、地方都市近郊の通勤通学輸送に重用されましたが、電化や気動車化の波にのまれ製造開始後10年ほどで廃車が始まり、急速に姿を消しました。
    50系 51形客車は、昭和54年(1979)に北海道向けとして登場、総数130両が製造され北海道の主要幹線の運用に就き、函館から北は稚内、東は網走までの広範囲で活躍を続けましたが、平成6年(1994)に暖地向けの50系より先に引退いたしました。国鉄時代の北海道を語る上では欠かせない車両です。



    【特徴】
    ● 50系
    ・「レッドトレイン」の愛称で呼ばれる国鉄最後の一般形客車オハ50系を、国鉄時代のオリジナルの姿で、福島客貨車区所属の2000番台の電気暖房装備車をプロトタイプに再現。
    ・奥羽本線、板谷峠でのED78・EF71との組合せての活躍のほか、全国で様々な機関車と共に活躍した姿が再現可能。
    ・シンプルな外観ながら、従来の客車とは一線を画す鮮やかな「赤2号」の塗装を「レッドトレイン」の名にふさわしく再現。
    ・オハ50・オハフ50共に、靴ズリ、ドアレールの銀や、方向幕準備部やトイレ臭気抜き窓のHゴムを印刷にて表現。
    ・乗務員室を装備したオハフ50にはテールライト標準装備(両側)/消灯スイッチ装備。点灯する側を選択可能。
    ・オハフ50の妻面には検査表記を印刷済。基本セットの中間車となるオハフ50はテールライト非装備。
    ・カプラーは、台車マウントのアーノルドカプラー標準装備。 床板にはボディマウントカプラー取付対応の穴を設定。
    ・パッケージは、基本5両セットが、7両ブックケースタイプ(機関車と増結客車1両収納可能)。 単品は標準のクリアケース入。







    型番 【KATO】 5143
    定価 2,640円(本体2,400円、税240円)
    販売価格 2,640円(本体2,400円、税240円)
    購入数




    この商品について問い合わせる
    この商品を友達に教える
    買い物を続ける