|商品検索

|商品カテゴリー
KATO
TOMIX
MICRO ACE
MODEMO
その他Nゲージ
その他HOゲージ
Zゲージ
鉄道模型 その他
鉄道模型発売前予約品
木製建築物・帆船キット

|カート
カートの中を見る

|フリーページ
店舗案内
店舗移転のお知らせ
Nゲージ レンタルレイアウト

|おすすめ商品
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【TOMIX】 2655 限定品 北三陸鉄道36形(お座敷車両II)
  • 【KATO】 2021  C11
  • 【KATO】 10-1518 20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」8両基本セット
  • 【KATO】 3064-2 EF80 1次形(ヒサシなし)
  • 【KATO】 10-1519 クルーズトレイン ななつ星 in 九州 8両セット
  • 【KATO】 2017-6 C62 常磐形 (ゆうづる牽引機)
  • 【TOMIX】 98059 JR 115-1000系近郊電車(新潟色・S編成)セットB




  • RSS
    ATOM
    TOP > KATO > 客車 > 【KATO】 5127-3 オハ35 茶 戦後形

    |【KATO】 5127-3 オハ35 茶 戦後形



    オハ35系は戦前の国鉄を代表するの客車形式のひとつで、実に2,000両以上が量産された、国内の客車では最多両数を誇る系列です。
    昭和14年(1939)に折妻・丸屋根、1メートル幅の客室窓、TR23形台車、溶接を多用した構造で登場。戦前の生産は昭和17年(1942)に打ち切られましたが、戦後になって製造が再開されると、資材の入手難や工法の進化などの事情が重なって、戦後形と分類できるような独自の形態で登場しました。その特徴は折妻のまま丸屋根が直線化(当初は絞り込みあり)したもので、ちょうど一般形のオハ35系と後に登場する切妻のスハ43系の中間に位置する形態を備えていました。
    台車も中途から平軸受のTR23形を国産のコロ軸受に改良したTR34形が採用されています。
    運用的には一般形のオハ35系とまったく同様に使用されたので、その活躍範囲は全国の線区におよび、急行列車から普通列車まで、いたる所でその活躍を見ることができました。



    【特徴】
    ● 「きのこ、食パン」と形容された妻板をもつオハ35系戦後形の特徴を忠実に再現。
    ● 今は懐かしいカラーリングとなった、国鉄旧一般形客車の標準塗色を美しく再現。
    ● 茶色は原形車両のイメージで木製ドア。ブルーは更新車両のイメージでHゴムのついた金属製ドアの形状を採用。
    ● オハ35戦後形にはTR23台車(コロ軸受)をリアルに再現。
    ● オハフ33戦後形にはTR34台車を採用。
    ● 緩急車(オハフ33)には、点灯式テールライトを標準装備
    ● 単品
    ● テールライト点灯(消灯スイッチ付)オハフ33のみ
    ● 付属部品 消灯スイッチ切替用ドライバー
    ● 全車両アーノルドカプラー標準装備







    型番 【KATO】 5127-3
    定価 1,540円(本体1,400円、税140円)
    販売価格 1,540円(本体1,400円、税140円)
    購入数




    この商品について問い合わせる
    この商品を友達に教える
    買い物を続ける