|商品検索

|商品カテゴリー
KATO
TOMIX
MICRO ACE
MODEMO
グリーンマックス
その他HOゲージ
Zゲージ
鉄道模型 その他
鉄道模型発売前予約品
木製建築物・帆船キット

|カート
カートの中を見る

|フリーページ
店舗案内
店舗移転のお知らせ
Nゲージ レンタルレイアウト

|おすすめ商品
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【TOMIX】 2655 限定品 北三陸鉄道36形(お座敷車両II)
  • 【KATO】 3087-2 ED71 2次形
  • 【MICRO ACE】 A8147 719系-700・フルーティア 2両セット
  • 【KATO】 3064-2 EF80 1次形(ヒサシなし)
  • 【KATO】 2017-6 C62 常磐形 (ゆうづる牽引機)
  • 【TOMIX】 97912 限定品 JR 87系寝台ディーゼルカー「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」セット 10両
  • 【KATO】 10-1553 701系1000番台 仙台色 4両セット 
  • 【KATO】 10-1554 701系1000番台 仙台色 2両セット 
  • 【KATO】 10-294 205系3100番台仙石線色シングルアームパンタグラフ4両セット
  • 【MODEMO】 NT165 江ノ島電鉄20形「21F」(M車)




  • RSS
    ATOM
    TOP > KATO > 車両セット > 【KATO】 10-1641 381系「スーパーくろしお」(リニューアル編成) 6両基本セット

    |【KATO】 10-1641 381系「スーパーくろしお」(リニューアル編成) 6両基本セット



    大阪から紀州路を駆け、紀伊半島の新宮までを結んだ381系「スーパーくろしお」。
    381系は曲線区間の多い地域でのスピードアップを目的とした振り子式特急電車として昭和48年(1973)に登場しました。紀勢本線では「くろしお」として活躍し、速達性の向上に貢献しました。JR移行後には一部編成にパノラマグリーン車を連結して塗色変更し、列車名も「スーパーくろしお」として差別化を図りました。後継車である283系の登場(1998〜)以降は旅客サービスの向上を目的に全列車のシートピッチ拡大、パノラマグリーン車の3列シート化、塗色変更が行われエメラルドグリーンとアイボリーを基調とした爽やかな印象になりました。平成24年(2012)3月には列車名を「くろしお」に統一し、平成27年(2015)まで活躍しました。


    【特徴】
    ●「スーパーくろしお」のリニューアル編成を製品化。プロトタイプは基本セットがHD603編成、増結セットがHD632編成
    ●各車両とも号車、愛称サボ印刷済
    ●中間車の非常口はモハ380-502のみあり、ほかの車両は閉塞された姿を再現
    ●クロ380は先頭部の大きな窓をはじめとする特徴的な車体形状を再現。ヘッドライトの間にある愛称表示も点灯。「スーパーくろしお」の愛称板取付済。交換用に「くろしお」と「はんわライナー」「(黒無地)」が付属
    ●クハ381-503の先頭車先頭部カプラーは電連付ダミーカプラーを採用。9両編成を再現する際の連結用カプラーとスカートが交換用部品として付属
    ●クロ380のスカートは、スノープロウなしの形態を再現
    ●クハ381-108の先頭車先頭部カプラーは電連無しのダミーカプラー採用。スノープロウが取り付けられたスカートを再現
    ●モハ380-502の6号車連結面側の貫通路塞ぎ板は、「ゆったりやくも(ノーマル編成)」とは異なる外観のものを新規に作成
    ●クハ381の愛称表示は変換式トレインマーク採用。「スーパーくろしお」「くろしお」「はんわライナー」「(白無地)」が選択可能
    ●中間連結部はフック無しのボディマウント密連形カプラー採用
    ●実車同様に曲線区間に入ると車体が曲線内側へ傾斜するKATO独自の振り子機構を搭載
    ●フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現
    ●各行先を収録した行先表示シール付属。4号車側面のパンダマークも収録
    ●基本セットのブックケースに増結セットの車両を収納可能。9両フル編成が1つのブックケースに収納できます





















    型番 【KATO】 10-1641
    販売価格 18,612円(本体16,920円、税1,692円)
    購入数




    この商品について問い合わせる
    この商品を友達に教える
    買い物を続ける