|商品検索

|商品カテゴリー
KATO
TOMIX
MICRO ACE
MODEMO
その他Nゲージ
その他HOゲージ
Zゲージ
鉄道模型 その他
木製建築物・帆船キット

|カート
カートの中を見る

|フリーページ
店舗案内
サイトマップ

|おすすめ商品
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【TOMIX】 2655 限定品 北三陸鉄道36形(お座敷車両II)
  • 【KATO】 2016-7 D51 498




  • RSS
    ATOM
    TOP > KATO > 車両セット > 【KATO】 10-1302 10系寝台急行 「安芸」 〈1967〉【特別企画品】  7両セット

    |【KATO】 10-1302 10系寝台急行 「安芸」 〈1967〉【特別企画品】  7両セット



    昭和25年(1950)11月から特急列車だけに付けていた愛称を急行列車にも拡大することとなり、呉線経由で東京〜広島間で運転されていた急行に「安芸」と命名されました。「安芸」は呉線を経由する糸崎〜広島間をヘッドマーク付のC59、C62が牽引し高い人気を誇っていました。
    KATOは、SL牽引末期・電車化直前の昭和43年(1968)頃のA寝台・B寝台・食堂車とも冷房化された10系客車の揃った編成で製品化いたします。
    ●10両セットは全線で運行される10両編成を的確に再現いたします。
    ●<1967>7両セット【特別企画品】は「安芸」で東京〜糸崎間で連結されていた付属編成の3両に加え、荷物車カニ38、食堂車マシ38、淡緑帯入のオロネ10(青)を2両をセットにし、各車両を適宜連結、差し替えることによって、昭和43年(1968)改正前の編成もお楽しみいただける製品といたしました。


    【特徴】
    ● 機関車と客車を同時リリースする、KATOの名列車シリーズのラインナップの充実。
    ● 新規車両のカニ38はマハネ29の下回りを流用して昭和34年(1959)に1両のみ試作された荷物車で、車体側面5ヵ所にシャッターを持つ総側開式の構造と、種車のままのTR71形3軸台車が特徴。
    ● マシ38は昭和11年(1936)から製造された国鉄初の冷房車(旧スシ37850)で食堂部に幅広窓、調理室部に2連窓を持つ半鋼製の食堂車。台車は3軸のTR73形。
    ● 10両セットのオハネフ12(2両)、〈1967〉セットのオハネフ12、カニ38のテールライト点灯(全て片側端面のみ)
    ● カプラー仕様は台車マウント。編成端部(及びその連結相手)はアーノルドカプラー標準装備、編成中の車両はKATOカプラーN JPBを標準装備。
    ● 実感的な連結面で急曲線もスムーズに走行。
    ● 車体側面サボ類は印刷済。行先サボ: 銑号車は「広島行」(10両・〈1967〉セットとも)、〜号車は「糸崎行」。
    ● 側面サボシール(東京行サボ、等級表示、号車サボΝА防嫗亜
    ● 車体色:荷物車カニ38、食堂車マシ38は、茶色。その他は青色。







    型番 【KATO】 10-1302
    定価 15,120円(本体14,000円、税1,120円)
    販売価格 15,120円(本体14,000円、税1,120円)
    購入数




    この商品について問い合わせる
    この商品を友達に教える
    買い物を続ける