|商品検索

|商品カテゴリー
KATO
TOMIX
MICRO ACE
MODEMO
グリーンマックス
その他HOゲージ
Zゲージ
鉄道模型 その他
鉄道模型発売前予約品
木製建築物・帆船キット

|カート
カートの中を見る

|フリーページ
店舗案内
店舗移転のお知らせ
年末年始の営業のお知らせ
Nゲージ レンタルレイアウト

|おすすめ商品
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【TOMIX】 2655 限定品 北三陸鉄道36形(お座敷車両II)
  • 【MICRO ACE】 A8147 719系-700・フルーティア 2両セット
  • 【KATO】 10-1553 701系1000番台 仙台色 4両セット 
  • 【KATO】 10-1554 701系1000番台 仙台色 2両セット 
  • 【KATO】 10-294 205系3100番台仙石線色シングルアームパンタグラフ4両セット
  • 【KATO】 10-013 Nゲージ スターターセット 〈杜の都の近郊電車〉701系
  • 【KATO】 3037-3 EH500 3次形 新塗装
  • 【KATO】 D51 1 青森機関区 KATO京都駅店特製品


  • |売れ筋商品
  • 【TOMIX】 2749 JR貨車 コキ105形(コンテナなし・2両セット)
  • 【TOMIX】 8735 JR貨車 コキ106形(後期型・新塗装・コンテナなし)
  • 【KATO】 5134-1 スハフ42 茶
  • 【TOMIX】 2759 JR貨車 コキ200形(コンテナなし)
  • 【TOMIX】 9514 国鉄客車 オハ62形
  • 【TOMIX】 97938 特別企画品 私有貨車 タキ3000形(米タン・初期塗装)セット
  • 【TOMIX】 2215 JR DD51形ディーゼル機関車(JR北海道色)
  • 【TOMIX】 2742 JR貨車 コキ50000形(コンテナなし・グレー台車)
  • 【KATO】 5302 オハ12 国鉄仕様
  • 【KATO】 2028-1 8620 東北仕様
  • 【KATO】 10-1659 スハ44系 特急「はと」 7両基本セット
  • 【KATO】 3049 EF58 後期形小窓Hゴム
  • 【KATO】 10-818 489系急行「能登」 5両基本セット
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【TOMIX】 2655 限定品 北三陸鉄道36形(お座敷車両II)
  • 【KATO】 10-1277 ホキ9500 矢橋工業 8両セット
  • 【KATO】 6081 キハ181
  • 【KATO】 74130-9 サロ189〈グレードアップあさま〉 増結車(特別企画品)
  • 【KATO】 10-234 特急「はと」青大将 7両基本セット
  • 【KATO】 6117 キハ65
  • 【TOMIX】 8711 私有貨車 タキ1000形(日本石油輸送)
  • 【KATO】 5127-1 オハ35 茶 一般形
  • 【KATO】 5133-1 スハ43 茶
  • 【KATO】 5077-1 オハニ36 茶
  • 【TOMIX】 9515 国鉄客車 オハフ62形
  • 【TOMIX】 8524 国鉄客車 スハ32形
  • 【KATO】 6115 キハ28
  • 【MICRO ACE】 A7315 C10-8・大井川鐵道・改良品
  • 【KATO】 5134-2 スハフ42 ブルー
  • 【TOMIX】 9102 JR EF64-0形電気機関車(7次形)
  • 【TOMIX】 8737 JR貨車 コキ104形(新塗装・ヤマト運輸コンテナ付)
  • 【TOMIX】 7133 JR EF64-1000形電気機関車(1052号機・茶色)


  • RSS
    ATOM
    TOP > KATO > 車両セット > 【KATO】 10-1650 東武鉄道8000系(後期更新車) 東上線 8両セット

    |【KATO】 10-1650 東武鉄道8000系(後期更新車) 東上線 8両セット



    東武鉄道8000系はそれまで同路線で運用されていた通勤電車のサービス向上を目的として登場した車両です。昭和38〜58年(1963〜1983)にかけて私鉄では最多となる計712両が製造された車両で、製造年次による形態差に加え、後年の冷房改造・修繕工事を経て数多くのバリエーションが存在します。非電化路線・貨物線を除く東武線の全線にわたり2・4・6・8両固定編成を組み合わせた2〜10両編成の多彩な編成での活躍が見られました。現在も一部の路線で活躍が続いています。

    東武鉄道8000系東上線は後継車種登場後も、10両編成で池袋〜小川町間、ワンマン運転対応の4両編成で小川町〜寄居間と越生線で運用されていましたが、平成27年(2015)の自動列車制御装置(T-DATC)導入に伴い、池袋口から撤退しました。現在も小川町〜寄居間、越生線での活躍が見られます。

    東上線の主力車両として活躍した8000系の後期更新車は、屋根上のベンチレータが撤去され、HIDのヘッドライトが採用された姿で、末期まで池袋口運用に就いていた編成です。50070型と併せてお楽しみいただけます。


    【特徴】
    ●東武鉄道8000系(後期更新車) 東上線
    ・平成23年(2011)前後の森林公園検修区所属の編成がプロトタイプ。HIDのヘッドライトを採用し、また屋根上のベンチレーターが撤去されたことが特徴の後期修繕車で、8両セットは8181F、先頭車2両増結セットは8560Fで製品化
    ・8両セットは、9次車の細部のディテールを再現(FS396/096台車、HB-2000CA型コンプレッサー装備)
    ・先頭車2両増結セットは、3次車の細部のディテールを再現(FS356/056台車、HS-20C型コンプレッサー装備)
    ・8900形(奇数車、偶数車)を新規に作成。8200形下り方は貫通扉なし。コンプレッサーほか床下艤装の違いを表現
    ・ジャスミンホワイトにロイヤルブルーとリフレッシュブルーの帯を巻いた外観を美しく表現
    ・車番横に旧来の社紋入り、車体裾ドアコック位置表示の矢印、乗務員扉横の「立入禁止」表示を再現。また8200・8300・8500形の車イス表示、8200形の弱冷房車表示を再現
    ・先頭車は全車ともヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。白色LED採用
    ・8400形、8600形は前面ホロ取付済。ホロ枠は白地に青帯の塗装を再現
    ・フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能
    ・カプラーは各車ともボディマウント密自連形カプラー採用
    ・8両セットは10両ブックケース入。先頭車2両増結セットの車両を収納可能
    ・ホビーセンターカトーの「28-242-2 東武鉄道8000系 グレードアップシール2(東上線更新車・LED表示)」を用いることで、セットに含まれていない行先や車番の変更が可能
    ・LED式表示を再現した行先表示シール付属
    ・DCCフレンドリー













    型番 【KATO】 10-1650
    定価 29,480円(本体26,800円、税2,680円)
    販売価格 29,480円(本体26,800円、税2,680円)
    購入数




    この商品について問い合わせる
    この商品を友達に教える
    買い物を続ける